Just another WordPress site

ポムホッペ(羽生)

鬼平江戸処」で有名な羽生。
その羽生にある洋菓子店「ポムホッペ」。

加須に実家のある妻が「いつも気になっていた」というポムホッペに行ってきて、次の4種類の焼き菓子を購入してきました。
なぜ人気なのか?実際に食べてみて、とてもよくわかりました。
画像はこちらです♪
↓↓

■パンドジェンヌ
里奈:形は昔ながらのマドレーヌ風。ラム酒の香りが利いている。キメが細かく、フォークを入れるとやや崩れやすいが、しっとりしていて口の中で溶け広がる。1つの大きさにボリュームがあり、満足できる。

琢磨:昔ながらのマドレーヌ。このタイプにしては少し重い。ボリューミーで食べごたえあり。酒粕、麹のような香りがする。生地は水分少な目で、少し乾いているので口が乾く。キメは細かい。生地を口に含むと酒の香りがフワッと広がる。

■ケーク・オ・ショコラ
里奈:洋酒でじっくり漬けたフルーツの香りが全面に出てきて、ほんのりショコラが香る感じがする。アクセントの大き目ナッツのザクザク感がほどよい。1カットが大きく、味が濃厚なので半分の量でも十分しっかり味わえる。

琢磨:チョコチップが豊か。生地の外観はしっとり感がある。香りは長期間熟成されたフルーツのようで、熟成されすぎて重く感じる。口に含むとチョコ感はほんのり程度で、フルーツの味と香りがメインだが、洋酒を使った大人ビターな感じではない。生地は意外にしっとりしていない。

■フィナンシェ
里奈:生地の表面はザクザク系の硬さがある。中の生地の色は真っ白。ナッツとバターの香りが豊かで強い。口に含むとジュワッと広がる。バニラなどを入れていないので、シンプルな素材の味が伝わってくる。

琢磨:外の生地は乾きがあり、ビスケットのようにカチカチに固い。焼き色はふつう。中の生地の中心部はしっとり。香りは卵系。甘さ控えめ。外側の生地のビスキーさは印象に残るが、中の生地の印象が残らない。

■マドレーヌ
里奈:生地の黄色が濃い。香りは卵が強い。生地にフォークを入れると、しっかりしているがやわらかい。口に含むと口どけ良く広がる。大きいのでボリュームには満足。焦げた卵とハチミツの香りが少し残るので、その対策が必要。

琢磨:一般のものよりも大きい。香りはひじきの煮物のような独特さがある。カボチャや卵の黄身のような黄色の生地。中の生地はやや乾いている。味は卵とチーズの混合のような味で、どこか懐かしさを感じる。

店名順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店名順

最近のコメント

    カテゴリー