Just another WordPress site

成城アルプス

成城学園前駅を降りて徒歩1分にある創業1965年の「成城アルプス

洋菓子店としての接客のクオリティは、都内でもトップクラスだと思います。
つまり、洋菓子の世界では、世界トップクラスの接客クオリティだといっても過言ではないと思います。

一度行ってみてください。
実感していただけると思います。

はたしてその焼き菓子の実力はいかに!?

動画の下にレビューがありますので、ご覧くださいね♪

以下、レビュ―です♪
↓↓
■マドレーヌ
里奈:コキラージュとの違いで出しているマドレーヌ。こちらは、超ぷっくりで大きい。断面のキメがとても細かい。甘く優しい香り。食塩入りバターの適度な塩加減とショートニングのサックリ感のバランスが良い。目の詰まった固めのケーキという印象。

琢磨:ぷっくりズッシリ。上部の気泡がチーズを感じさせる。生地がきめ細やか。中は気泡が少なめ。少し固めの生地はバームクーヘンのよう。味や食感もバウム系のずっしりとした歯ごたえ。甘さ控えめ。外はカリッとした歯ごたえ。大きくて満足する。

■コキラージュ
里奈:マドレーヌよりも大人の味とのこと。歯切れ良い生地だが中身は濃厚な風味。色々な香りが混ざり合い、複雑で○○系という特定が難しい。生地のしっとりした食感自体は、バターのたっぷり入った豊かな味わいフィナンシェのよう。

琢磨:見た目ずっしり感がある。上部ににテカリ。下部にしっとり感。バニラビーンズの見える生地は透明な部分と乾いた部分が半々で混在している。少しかための生地。ミルク系の優しいわじわいとバター感、バニラビーンズのアクセントが特徴的。

■フィナンシェ
里奈:厚みがあり、上部が固い。周りが綺麗に切りそろえられている。アーモンドだけでない深みのある香りは、リキュールかと思われる。カリッとした食感のあとに、ジュワッとしたしっとり感が来る。ショートニングや生クリームが入ることでさらに食感をコントロールしているように見受けられる。

琢磨:気泡が芸術的。均等に上部に出ている。やや乾いた感じ。下はしっとり。中はまんべんなく半透明。切った瞬間はザクッとする。中はスっとフォークが入っていく。ザクっとした食感のあとには、ジュワッとバターが溶け、豊かな味わいが広がる。いわゆる「うまいヤツ」の典型。

店名順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店名順

最近のコメント

    カテゴリー