Just another WordPress site

開運堂

長野県松本市のお菓子のお店「開運堂」。
観光地化されている松本市の一帯にありました。

14時に売り出される特大シュークリームに行列ができていました。
以下、焼き菓子のレビューです。

■ラ・プティローズ
里奈:かなり小さめ。薔薇はかすかに香るか香らないか程度。苺の香りもわずかに香る程度。ライチは香らず。長野の店舗では、シュークリームに並ぶほどの人気があり、この商品に対する期待感が高かったた。もう少し際立つ工夫がほしい。

琢磨:見た目がしっとりしている。手で触ってもしっとり。香りはミルク系がほんのり。こぶり。生地は少し固め。口に含むと少し粉っぽく、たまにジャリッと小さな種のようなものがつぶれるのが食感のアクセント。甘さは控えめ。

■栗のフィナンシェ
里奈:かなり小さめのローズ型(4cm弱)。栗の香りがする。しっとりパサつかず、栗の質感を感じることができる。アーモンドはほぼ消えていて、ほんの少しバターを感じる。

琢磨:ローズでこぶり。見た目ですでにしっとりしていることが分かる。栗が入っているのが分かる。落雁(砂糖のお菓子)のような見た目。バター系の香りがほんのりする。口に含むとほんのりマロンの味。和菓子のような舌触りがあり、栗の食感がアクセントになっている。

▼その他の松本市の洋菓子店
5HORN

MIYUKIDO

ヒカリヤ

マサムラ

店名順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店名順

最近のコメント

    カテゴリー