Just another WordPress site

ゴンチャロフ

ロシア人のゴンチャロフ氏がチョコレートのお店として1923年オープンに神戸でオープンしたブランド「ゴンチャロフ」。

チョコレートで歴史を積み重ね、今では様々なお菓子が誕生しています。
その焼き菓子の実力やいかに!?

動画の下にレビューがありますので、ご覧くださいね♪

以下、レビュ―です♪
↓↓
■生フィナンシェ
里奈:小ぶりで厚みがある。口に入れた時、甘い香りが口いっぱいに広がる。皮つきアーモンドの色合いが良い。しっとりジューシーの生地。

琢磨:テカりのある見た目。生地はポロッと崩れるが、透明感があり、ジューシーで、気にならない。バターと卵の豊かさを感じる。

■生マドレーヌ
里奈:バターの甘い香りと味わいが広がる。濃厚なおいしさ。ミルクっぽい味。生地はホロホロしているが、まとまっていて崩れにくい。

琢磨:バターの濃厚な味わいが豊かに広がる。香りも濃厚。生地は崩れやすいが、透明感が出るほどバターが豊かなため、崩れにくい。

■ウィユドショコラ(フランボワーズ)
里奈:生地は固め。甘さ控えめ。バターのジュワッと感がある。中央のフランボワーズホワイトチョコの甘酸っぱさがバランス良い。

琢磨:バターの中にふとフルーティなー香りがある。やや濃厚なクリームにあとからベリーの味がフアッと広がる。生地に透明感があるほどバターがたっぷりなので、豊かな満足感がある。

■チョコレートグリエ
里奈:濃厚なチョコレートはほのかに香ばしさも感じる。しっとりジュワーッとまとまっている。1個で十分なくらい満足できる。生チョコのようなお菓子。

琢磨:チョコ感は見た目だけでなく、生地にもあり、グアッと口にチョコ感が広がる。しっとりジューシーなチョコで、半生のような印象。この手のチョコ感が好きな人にはばっちり。意外に後味は爽やか。

店名順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店名順

最近のコメント

    カテゴリー