Just another WordPress site

焼き菓子を選ぶポイント

  • HOME »
  • 焼き菓子を選ぶポイント

焼き菓子を選ぶ8つのポイント

フィナンシェ、マドレーヌは、本当に、シンプルな焼き菓子です。材料はバター、卵、小麦粉、砂糖が基本です。それでも、そのブランド、お店によって、個性が出ます。

購入前にチェクするポイントは、原材料です。

①原材料にマーガリン、ショートニングが入っているもの
②余計な材料が多いもの(膨張剤、乳化剤など)

これらは、購入しないようにしています。

焼き菓子の美味しさは、バターが重要なポイントだからです。
また、マーガリンは、その性質から食べるのを避けています。

実際に購入した焼き菓子をチェックするポイントは、

③外観
④生地の見た目
⑤香り
⑥食感
⑦味

です。

このようなポイントで、焼き菓子を味わってみてください。

それぞれ詳しく見ていきます。

③外観

生地を外側から見た外観のことです。
バターが豊かに入っているものは、外観に照りがあります。テカりと表現することが多いです。見た目がジューシーなものの多くは、生地がバター感たっぷりで豊かで幸福な気持ちを生み出すことが多いです。

④生地自体の見た目

外観ではなく、生地そのものの見た目です。
美味しいと感じられるものは、しっとりしています。しっとりしている理由は、バターが豊富に含まれているから、あるいは、フルーツケーキの場合であれば水分が豊富だからです。

生地のキメが細かく、気泡が少なく、しっとりしていると、間違いない味であることが多いです。これらは、手に持つとずっしりと重く感じられます。

逆に、生地のキメが粗く、気泡が多く、乾いた感じの場合は、美味しいと感じられないことが多いです。
(そのブランドやお店が、そもそも老若男女向けであるなど、あえてそのようにしている場合は除きます)

⑤食感

生地を口に含む際、やわらかくスッと入り溶けていくものや、固く感じるものがあります。やわらかくスッと入っていくものは、バターが豊富か、あるいはフルーツの水分でしっとりしている場合です。このしっとり感の最上級は、ジューシー感です。ジューシーと感じる焼き菓子は、ホンのごく一部のブランド、お店しかありません。

⑥香り

生地の香りです。バター感、ミルク感、ナッツ感、チーズ感、ヨーグルト感、はちみつ感に分かれます。香りに違いがあるのは、中に入っている成分が違うためです。好みがるとわかった上でお伝えすると、「美味しい」と感じるものの多くは、バター感のある香りがします。バターの香りには、人を豊かで、幸福な気分にする力があると考えています。

⑦味

味は、バター感、ミルク感、ナッツ感、はちみつ感に分かれます。どの材料が多く入っているかで異なります。バターが多いと豊かさ、幸福感を感じられます。

「先にバター感が広がり、アーモンド感が残る。」これが美味しい焼き菓子の黄金の流れです。バター感のある生地が溶け広がると、一気に豊かさを感じます。その後、アーモンドの食感があると、幸福な時間の余韻を長く感じられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る